学校の敷地に生徒さんたちと菜園を作る


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊丹市の特別支援学校での菜園作り。
学校の先生からの提案で、敷地内に菜園を作り、農園芸コース食品加工コースの学びの場として
使われています。ここで、タネから作物などを育て、取れたものからタネを取って、また次に繋げていくということも
体験されています。
食について考えること、自然や環境について考えること、みんなで協力して作業をすること
などなど、いろんなことが体を動かしながら、そして、楽しみながら
学ぶことができると思います。
学校における敷地の利用の仕方、生徒さんたちを交えて、あるいはPTAの方々を交えての
作業など、まち杜の環でも提案していきたいと考えています。