【協賛】大和ハウス工業株式会社

御社のこだわりをお聞かせ下さい。

当社グループは“人・街・暮らしの価値共創グループ”として、お客様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現を目指しています。そして、お客様一人ひとりとの絆を大切にし、生涯に渡り喜びを分かり合えるパートナーとなって永遠の信頼を育みたいと考えます。

まちづくりにおいても、「共創共生」の基本姿勢は変わることなく、まちを単なる資産価値として考えるのではなく、人々と心をつなぎ、共に育むことで、まちの価値を未来へとつなぎ、まちに生きるすべての人の人生を豊かにすることこそ、当社グループの使命であり、挑戦です。

まちの緑への思いや、今のまち並みへの思いがあればお聞かせください。

当社グループでは「緑が、街を変えていく。」をキーワードに、開発・街づくりにより損なわれる緑の面積以上に、緑を創出する“緑のノー・ネット・ロス”に取り組んでいます。今後は、緑の質にも注力し、年が経つほどに緑豊かで成熟する街づくりを推進します。

http://www.daiwahouse.com/sustainable/sp_report/2014_4.html

今回街路樹サミットin大阪に協賛して下さった理由をお教え下さい。

当社グループは創業者ゆかりの地である奈良県吉野山の桜を守る活動を行っています。今回、吉野山での活動を通じて街路樹サミットを知り、桜や林業といった関連テーマだけでなく、本業とも関連の深いテーマと捉え、協力したいと思っています。

daiwa-house05

Daiwa Sakura Aidについてお教え下さい。

創業者ゆかりの地である奈良県吉野山を中心に、日本を象徴する花である桜と、これまで大切に受け継がれてきた素晴らしい風景を次世代につなぐ活動を日本全国にある事業所と共に実施しています。「吉野山桜保全活動」と「桜プロジェクト」を主として活動を行っています。

http://www.daiwahouse.com/sustainable/social/contribution/sakura/index.html

吉野山桜保全活動

地元の公益財団法人と共に2008年より桜の保全活動を行っています。2010年より社員参加型の現地でのボランティア活動を行い、毎年桜の母樹からさくらんぼの種を拾い集め、苗木を育てる地道な活動を毎年繰り返しています。2015年2月、従業員たちが種から育て上げた苗木の第一号が吉野山に還っていきました。

daiwa-house07

桜プロジェクト

当社の環境配慮型住宅の売上の一部を通じて、全国各地の小学校、幼稚園や保育園において、こどもたちと共に桜を植樹し、「和の素晴らしさ」を繋いでいくプロジェクトです。未来を担うこどもたちに桜を大切に育て、花が咲く度に生命の大切さを感じてもらいたいと考えます。また、和楽器演奏の生ライブと和楽器体験を同時に行い、日本文化の素晴らしさと美しさも併せて後世に伝えていきたいと考えています。

「街路樹サミット in 大阪」協賛のお願いおおらかな緑あふれるまちなみを、共に創造しませんか。

街路樹サミット開催の主旨にご賛同くださり、 「第二回街路樹サミットin大阪」に協力いただける方を募集しています。

協賛金額 :5万円 / 3万円 / 1万円
※ webサイトや配布予定の印刷物に、お名前を掲載させていただきます。